楽天開幕スタメン2021&先発ローテーション予想 | 紋別市の観光旅行から人生は変わった

プロ野球

2021年のパリーグ1番の注目球団は楽天イーグルスでしょう。

なんたて田中将大投手がメジャーのヤンキースから8年ぶりに楽天に帰ってきました。

それもヤンキースで先発ローテーションに入っていたバリバリのメジャーリーガーの状態での復帰です。

元々、先発投手陣は豪華だった楽天ですがそれに田中投手が加わったということで明らかに順位予想を変えた解説者も多いです。

そこで今回は、注目チームである東北楽天ゴールデンイーグルスの2021年、開幕スタメンと先発ローテーション投手を予想します。

横浜DeNA2021開幕スタメン予想

東北楽天ゴールデンイーグルスの2021年、開幕スタメン予想になります。

打順 守備 名前 前年打率
本塁打
投/打 年齢 通算年
1番 小深田大翔 .288 3 右投左打 25 2
2番 鈴木大地 .295 4 右投左打 31 10
3番 茂木栄五郎 .301 7 右投左打 27 6
4番 浅村栄斗 .280 32 右投右打 30 13
5番 島内宏明 .281 8 左投左打 31 10
6番 カスティーヨ 右投右打 33 1
7番 ディクソン 右投右打 29 1
8番 太田光 .200 2 右投右打 24 3
9番 田中和基 .240 8 右投両打 26 5

昨季Bクラスの4位に終わった楽天イーグルスですがチーム打率.258はパリーグ1位の成績でした。

ただし、盗塁67は5位日本ハムの80盗塁に大きく差を広げられリーグ最下位。

せっかく塁に出たランナーも盗塁では次に塁にいけなかったのが4位に終わったひとつに要因にはなったと思います。

小深田選手は盗塁の成功率を上げよ!

2021年楽天の野手での注目選手は小深田選手です。

昨年、ルーキーながら112試合に出場して打率.288、3本塁打、17盗塁と活躍した小深田選手。

新人王には惜しくも届きませんでしたが即戦力との評判通りの活躍でした。

2021年も1番スタメンで予想しましたが小深田選手に必要なのは盗塁の確実性なんですよね。

1番バッターなら自分の判断で走れたりするんですが、どうも結果が悪い。

昨季の17盗塁はチーム1位、パリーグではランキング8位の成績です。

ただし17盗塁成功しているんですが、盗塁刺9もあるんですよね。

盗塁王のなったソフトバンクの周東選手は盗塁50で失敗はわずかに6しかありません。

まあ、13試合連続盗塁の世界記録を達成した周東選手と比べるのは可哀想ですが・・・

それでももう少し盗塁成功率を上げてくれないと首脳陣も盗塁のサインも出しても不安ですよね。

2021年はリードオフマンらしく果敢に次の塁を狙い、なおかつ成功する選手になって欲しいですね。

昨季も20盗塁だったら新人王を獲れたかも知れません。

楽天イーグルス2021先発ローテーション予想

東北楽天イーグルス、2021年の先発ローテーション予想は下記になります。

2020年成績

名前 防御率 登板 完投 完封 勝利 敗戦 勝率 投球回 自責点
1 涌井秀章 3.60 20 1 1 11 4 .733 130 52
2 田中将大 4.82 12 3 4 .428 56 30
3 則本昂大  3.96 18 0 0 5 7 .417 109 48
4 岸孝之 3.21 11 2 1 7 0 1.000 67.1 24
5 早川隆久
6 塩見貴洋  4.80 16 0 0 4 8 .333 84.1 45

※田中将大投手は昨季ニューヨークヤンキースでのメジャー成績です。

昨季の楽天イーグルスはチーム防御4.19でパリーグ5位に成績でした。

また、田中将大は居なかったとはいえ涌井投手は11勝4敗、岸投手は7勝0敗とベテラン二人は大活躍でした。

ただ、元々エースだった則本投手が5勝7敗と不調だったこともあり、もう一つチームとしての防御率は低かったと思います。

それでも2021年の投手陣は田中将大投手を筆頭に豪華先発ローテーションができました。

涌井、田中、則本、岸は4本柱として4人ともエース級です。

なので2021年の東北楽天イーグルスはパリーグの台風の目となりそうですね。

開幕投手は涌井秀章投手

2021年の楽天イーグルスの開幕投手は涌井秀章投手に決定しました。

2番手は田中将大投手で行くと石井GM兼監督はいきなり開幕2戦目までは先発投手を発表したんですね。

僕は田中投手がメジャーバリバリの状態で帰ってくるということで練習試合やオープン戦等の実戦登板前から田中投手を開幕投手に予想していました。

ただ、田中投手は練習時代でもピリッとしかなったし、まだ仕上がってないと判断したのは涌井投手の開幕を石井監督が明言しました。

涌井投手は、昨季130回を投げて11勝4敗という素晴らしい成績でした。

プロ入り17年目のベテランですが昨季は新天地の楽天で前年を大きく上回る成績、そりゃ奥さんの押切もえも惚れるだろうという感じでしたね。

今季も開幕からチームの柱としてやってもらいたいですね。

岸投手、昨季の7勝0敗で記録更新中

田中将大投手は、現在けして破られることはないだろうという日本プロ野球の連続勝利記録、28連勝を継続中です。

たとえば日本球界に帰ってきて今季何度目から負けてしまったら・・・

次にその記録を抜ける可能性があるのは岸孝之投手でしょう。

岸投手は昨季7勝0敗だったんですが、その前の年に最後1勝しているので年を跨いで8連勝中です。

なかなか8連勝というのも難しいので今季も10勝0敗くらいなら来季に連勝記録の夢も出てきます。

ただ、岸投手の場合、腰痛の心配がありますからね、あんまり無理もさせられないか。

Visited 3 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました