プロ野球交流戦順位予想2022 優勝チームはどこに!? | 紋別市の観光旅行から人生は変わった

プロ野球

プロ野球交流戦2022が5月24日から6月12日の日程で開催します。

セ・パ交流戦の過去16回は実力のパと言われるパ・リーグが大きく勝ち越しています。

しかし昨年はセ・リーグが何とか勝ち越して両リーグの差がなくなっている感じがしました。

そこで今回のプロ野球交流戦はどのチームが優勝するのか?

どんな結果になるのか順位予想をしました。

プロ野球交流戦順位予想2022

いきなりですが順位予想をまずはじめに見ていただき
そこからいろいろと紹介します。

プロ野球セ・パ交流戦順位予想2022

1位 ヤクルトスワローズ
2位 日本ハムファイターズ
3位 西武ライオンズ
4位 ソフトバンクホークス
5位 DeNAベイスターズ
6位 読売ジャイアンツ
7位 オリックスバファローズ
8位 中日ドラゴンズ
9位 阪神タイガーズ
10位 ロッテマリーンズ
11位 楽天イーグルス
12位 広島東洋カープ

2022年の交流戦順位予想は上記のようになりました。

交流戦優勝予想!ヤクルトスワローズ

優勝(1位)予想は昨年の日本一のチームで今年セ・リーグで首位を走っているヤクルトです。

開幕直後は、巨人に離されていたのですが流石昨年の優勝チーム。

得点能力と守り抜く能力がチームとしてバランスが取れており負け越すことが無いチームに仕上がっています。

交流戦はどちらかといえば短期決戦と言ってもいいでしょう。

そうなると勝ち方を知っているチームは強いですね。

どっしりと4番に座る若き主砲、村上選手を中心にベテランの域に入ってきた山田選手など強力打線は試合が終わるまで手が抜けない恐ろしい打線です。

交流戦2位予想!日本ハムファイターズ

プロ野球交流戦2022の順位予想2位は大穴の日本ハムファイターズです。

開幕から連敗が続き歴史的大敗をすると予想する解説者もいました。

楽天1年目の99敗を抜けかえると予想する解説者もいました。

実際、野球ファンの方もそう思っていた人もいたんじゃないでしょうか?

しかし、若手をうまく使い、セオリーに乗っ取らない野球でだんだんとビックボスの新庄野球が出来てきています。

打順をコロコロ変えながらも選手はやる気に満ちてるでしょう。

新庄剛志監督になったことで清宮幸太郎選手が飛躍するかも知れません。

日本ハム球団からも新庄監督には清宮選手の育成を任されたというわさもありますがそれも成功しそうですね。

万波選手や松本選手、野村選手など昨年はレギューでなかった選手が今年は個人成績ランキングに名を連ねています。

ピッチャーでも吉田輝星投手が今年は飛躍しそうです。

日本ハムファイターズは交流戦順位予想2位ですがレギュラーシーズンに戻っても成績が上がりそうあので最終的には最下位のままということは無いでしょう。

 

Visited 3 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました