埼玉県高校野球の注目選手2021は誰?優勝候補も大胆予想! | 紋別市の観光旅行から人生は変わった

高校野球

埼玉県の高校野球2021も盛り上がってきました。

3年生にとっても最後の大会です、地方予選で勝ち抜けば夢の大舞台、夏の甲子園大会が待っています。

今回は、そんな埼玉県の高校野球から注目選手を紹介します!

埼玉県は高校野球の強豪校が多く、花咲徳栄高校や浦和学園など甲子園常連校が全国制覇も成し遂げています。

ですので2021年はどこの高校が夏の甲子園大会に出場するのか?埼玉大会の優勝候補も予想しました。

埼玉県高校野球の注目選手2021は誰?

埼玉県の高校野球、一人目の注目選手は昌平高校の吉野創士選手です。

身長185cm79kgの長身で右投げ右打ちの外野手です。

吉野創士選手が注目を集めているのは、何といってもその高校生離れしたパワー。

高校通算55発というスラッガーです、これから埼玉県の夏の高校野球予選、優勝すれば第103回全国高校野球選手権大会出場となるわけですから勝ち進めばそれだけ打席に多くたつことになります。

現在の通算55ホームランがどこまで上澄みされるか楽しみですね。

吉野創士選手は、すでにプロ注目の大型外野手ですが肩の強さも一級品です。

なのでドラフトでプロ野球の世界に入っても日本ハムの清宮幸太郎選手のように一塁しか守れないということは無いでしょう。

埼玉県の高校野球2021で二人目の注目選手は浦和学院の三奈木亜星選手です。

春は浦和学園が優勝したわけですが三奈木亜星選手はチームの投手兼外野手です。

身長178㎝なので最近の高校生投手としてはすごく大きいわけではないですが遠投120mに50m6秒2という身体能力の高さはハーフ特有の強さがあるのかもも知れません。

名門浦和学園で1年春からベンチ入りしており、二刀流として活躍。

ライトの守備と最速146kmの速球でチームの勝利に貢献しています。

変化球はスライダー、チェンジアップ、カーブをストレートと使い分け打者を翻弄して打ち取っていますね。

埼玉県夏の高校野球2021優勝候補は?

2021年の夏の甲子園大会(第103回全国高校野球選手権大会)の埼玉県予選。
その中でどこの高校が優勝するのか?

ここ10年くらいの埼玉県では、花咲徳栄と浦和学園が多く甲子園大会に出場していました。

ただ、ここ最近は花咲徳栄の方が勢いがり甲子園出場は多いですね。

2021年の埼玉県大会の優勝候補としては

浦和学園

花咲徳栄高校

昌平高校

上記の3校が優勝候補になると思います。

浦和学園は、2021年の春優勝、そして花咲徳栄高校は準優勝でした。

昌平高校は、ベスト4でしたが、昨年の秋の大会は、優勝しています。

レベルの高い埼玉県大会ですがこの3校で埼玉県予選は決まるのではないでしょうか?

浦和学園の分析

浦和学園は、コロナ禍の関係で長期間活動自粛の時期があったがそこから何とか本来の力は発揮できるようになっています。

投手陣を見ると今秋のドラフト候補の三奈木亜星投手以外にも2年生で左腕の宮城誇南投手。

そして遊撃手の吉田匠吾選手もピッチャーとして投げる。

この3人が二刀流なんですが、無理くりではなく野手としてのセンスもあるのでチームとしては試合展開によっていろんな動かし方ができると思います。

花咲徳栄高校の分析

花咲徳衛高校は、2021年の春季高校野球埼玉県大会では、決勝で惜しくもライバル校である浦和学院に3-4というピン差で敗退しました。

夏の埼玉県大会で花咲徳衛高校は、Aシードとしてはじまったが、3回戦で春日部東を9―0の七回コールド勝ち。

やはりこの辺りでは、負かる気がしない盤石の試合運びですね。

花咲徳衛は選手層がいので投打ともに番狂わせが考えにくいです。

今春の埼玉大会では、なんと5試合で57得点という強力打線ぶり、1試合で平均10点以上の二けたってすごくないですか。

まさに切れ目が無い花咲徳衛打線です。

投手陣を見ても松田和真投手、堀越啓太投手、高安悠斗投手と3人とも3年生ですがそれぞれが140m以上を投げれるので球数制限がある高校野球では有利に働いきそうですね。

まとめ

今回の記事は「埼玉県高校野球の注目選手2021は誰?優勝候補も大胆予想!」でした。

高校野球ファンが多い埼玉県でしがレベルも相当高いです。

そんな中、埼玉県の高校野球で注目選手は、昌平高校の吉野創士選手

そしてもう一人の注目選手が、浦和学院の三奈木亜星選手でした。

また、埼玉県大会の優勝候補予想です。

  • 浦和学園
  • 花咲徳栄高校
  • 昌平高校

上記の3校を上げさせていただきました。

浦和学園と花咲徳栄は甲子園に何度も出場する強豪校です。

昌平高校は、甲子園での実績はありませんが花咲徳栄、浦和学園と野球のレベルと同じくらいになってきました。

なのでこの3校ならどこの高校が埼玉県大会で優勝しても納得できると思います。

花咲徳栄高校は、2017年の夏の甲子園大会で優勝しています。

浦和学園は、2013年に春のセンバツ甲子園大会で優勝しています。

両校ともその時は、まったく危なげない試合運び全国に強さを見せつけました。

昌平高校は、甲子園大会優勝どころか出場すらありません。

埼玉県大会で優勝すれば甲子園初出場となります。

はたして強豪校が勝つのか、それとも昌平高校が新風を巻き起こすのか、どのような試合になるのかホント楽しみですね。

Visited 3 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました