福岡県高校野球の注目選手2021は誰?優勝候補も大胆予想! | 紋別市の観光旅行から人生は変わった

高校野球

2021年の夏の甲子園大会に出場する予選の福岡大会は7月6日から開幕しました。

全国屈指の激戦区である福岡の高校野球、注目選手の紹介と優勝候補予想をします。

九州地区最多の135チームが参加する福岡大会は何が起こるか分かりません。

3年生にとっては最後の大会ですので練習の成果を思いっきり出してほしいですね。

福岡県高校野球の注目選手2021は誰?

福岡県の高校野球、注目選手の一人目は毛利海大投手(福岡大大濠高校)です。

エース左腕の毛利投手は、身長176㎝、体重75㎏と近年180㎝を超える投手が多い中で、それほど体格的には恵まれてはいない。

それでも1年夏からベンチ入りして新チームになってからはエースとして活躍しています。

最速140㎞と真っ直ぐはそれほど速くないがキレがありカーブやチェンジアップ、さらにはツーシームなど、多彩な変化球を駆使して緩急を交えることで打者を翻弄してきが技巧派投手です。

福岡県の高校野球、注目選手の二人目は柳川大晟投手(九州国際大付)です。

柳川投手は、最速152㎞のストレートにスライダー、フォーク、カットボールといった抜群のキレを持った変化球を投げ分けるピッチャーです。

課題だったフォークも左右関係なく空振りが取れるようになり、まだ1段成長した感じですね。

191㎝の身長はまだ伸びているということなので、スピードもこれからもっと速くなるかも知れません。

柳川大晟投手は、プロのスカウトも熱視線を送っている注目選手です。

福岡県の高校野球、注目選手の三人目は山本大揮投手(九州国際大付)です。

山本大揮投手は、先に紹介した柳川大晟投手と同じく九州国際大付で活躍する二枚看板のひとりで本格派の投手です。
身長184cm、体重86kgの体格から投げる速球は最速146㎞。
一番自信があるのはキレのあるカットボールでスライダーやカーブを織り交ぜたピッチングで打者を翻弄します。
山本大揮投手が格段に良くなっているのが、しっかりとゲームメークができるようになったことです。
その点はプロのスカウトもかなり評価しているようですね。
試合の中で常に140㎞台を出せるのも魅力で得意のカットボールのスピードが上がっているのでこれからの注目選手であることは間違いありませせん。

福岡県夏の高校野球2021優勝候補は?

福岡県はプロ野球のソフトバンクホークスが本拠地を置き、野球ファンが多い県です。

さらに高校野球は、全国屈指の激戦区であり出場参加校で九州地区では一番ですからね。

そんな福岡県大会で優勝するのはかなり至難の業ですが、今回優勝候補の高校を紹介します。

福岡県大会優勝候補、福岡大大濠高校

福岡大会の優勝候補の一番手となるのは、今年の春の選抜甲子園大会でベスト8入りした福岡大大濠高校ですね。
福岡大大濠は、昨年の秋は福岡大会で優勝して九州大会でも準優勝になりました。
今年の春の九州大会に至っては選抜甲子園大会で準優勝した大分の明豊高校を準々決勝で破ってベスト4という成績を残しました。
春のセンバツ甲子園大会で注目されたエース左腕の毛利海大投手だけじゃなく福岡大大濠高校には、正確無比な強肩がウリの川上陸斗捕手がいます。
この3年生バッテリーを打ち崩すのは、かなり難しうえ、中軸の山下恭吾選手、北嶋瑞己選手、友納周哉選手らの強力打線がかみ合えば甲子園大会春・夏出場はグッと近づくでしょう。

福岡県大会優勝候補、九州国際大付

福岡大会の優勝候補の二番手となるのは、最速152㎞の柳川大晟投手と最速146㎞の山本大揮投手を擁する九州国際大付です。
九州国際大付は以前は甲子園常連校だったんですが、2016年の夏の甲子園大会で盛岡大付に1回戦敗退してから甲子園出場がありません。
しかし、今回は柳川投手と山本投手というともにドラフト指名候補がふたりいるということで優勝候補として予想しました。
今大会の2回戦ではWエースを温存しても第3の男、内山将投手が2失点完投勝利をするという層の厚さを見せました。
九州国際大付は、今年の春の九州大会でも準優勝しておりチームとしてはしっかりと出来上がっています。
夏は暑いので計算できる投手はいくらいても良いし、今の高校野球は1週間で500球以内という球数制限もあるので3人も投手がいればかなり有利に試合を運べるのは間違いないでしょう。
先の甲子園大会での試合を見据えて格下の相手には、Wエースはできるだけ疲労を与えないようにするため、第3の男、内山将投手の起用法がかなり重要になると思います。

まとめ

今回の記事は、福岡県高校野球の注目選手や優勝候補についてでした。

全国屈指の激戦区である福岡県では、注目選手としてプロのスカウトから熱視線が送られる選手が多いです

今回紹介した注目選手は福岡大大濠高校のエース左腕、毛利海大投手と九州国際大付の柳川大晟投手と山本大揮投手でした。

そして優勝候補は、この注目選手たちを擁する福岡大大濠高校が優勝候補の一番手。

二番手が九州国際大付になります。

熱い戦いを繰り広げる2021年の福岡大会がどこが優勝して甲子園大会に出場するのか?

福岡大大濠高校が春、夏連続出場するのか、それとも九州国際大付に5年ぶりの甲子園出場はあるのか?

それとも僕の予想がまったく外れた誰もが予想だにしていなかった高校が勝ち上がってくるかも知れません。

まあ、それはそれで高校野球のドラマチックなところなので楽しいです!

Visited 5 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました