海明けのオホーツクで出合う、極上の毛ガニ 海明けのオホーツクで出合う、極上の毛ガニ

海明けのオホーツクで出合う、極上の毛ガニ 海明けのオホーツクで出合う、極上の毛ガニ

冬の間、厚い流氷に閉ざされるオホーツク海沿岸。春の訪れと共に流氷が去り一斉に漁が始まることを「海明け」と言います。
流氷が海を覆う1月下旬頃から2ヶ月ほどの間は漁ができず、かつて漁師からやっかいもの扱いにされていた流氷ですが、その厚さ40~60cmもの氷の下では、アイスアルジーと呼ばれる植物性プランクトンがたくさん育っているのです。実はこれがオホーツク海で良質な海産物がとれる秘密。流氷の時期はこの植物性プランクトンが一気に増え、良質なエサとなります。毛ガニもこの流氷の恵みを存分に受け、体にたっぷりと栄養を蓄えます。だからこの時期に水揚げされる”海明け毛ガニ”は、極上の毛ガニと言われているのです。

身入りもカニ味噌も大満足 身入りもカニ味噌も大満足

身入りもカニ味噌も大満足

冷たい水の中で、流氷が運んでくる栄養豊富なプランクトンをしっかりと蓄え、十分に成長した海明け毛ガニはギュッと引き締まった身と濃厚な味噌がぎっしりとつまっています。その肉質といい、絶妙な味噌の甘みといい、まさに大自然の恵みがもたらしたオホーツク海の最高傑作。海明け毛ガニは3月下旬から5月上旬のゴールデンウィーク頃までが特に美味しい時期とされます。期間限定の一品を、ぜひこの機会にご賞味ください。

目利きのプロが教える、美味しい毛ガニの見分け方 目利きのプロが教える、美味しい毛ガニの見分け方

かみゆうべつチューリップフェア

普段はなかなか目にする機会が少ない毛ガニ。新鮮で美味しい毛ガニの見分け方が分からない方も多いのではないでしょうか?長年、紋別でカニを仕入れている目利きのプロに、美味しい毛ガニの見分け方について聞いてみました。

まずはカニを手にとってみる。 まずはカニを手にとってみる。

まずはカニを手にとって持ってみるのが一番。

美味しい毛ガニを見極めるために、まず重要となるのはその重さ。実際にカニを手に持ってみて、まずは重さをチェックしてみてください。同じぐらいの大きさのカニを持ち比べてみても、よりずっしりと重みを感じるものが、身も味噌もぎっしりとつまった美味しい毛ガニだと言います。
次に確認したいのは、カニを裏返して見たおしりの部分。おしりがポッコリと盛り上がっているものも、身入りの良い毛ガニの証拠です。 最後に甲羅の硬さ。毛ガニは海水が温かくなると活動を始め、脱皮を繰り返す習性があります。脱皮したカニは甲羅を作るために栄養素の多くを殻作りの方に回してしまいます。流氷の下で長い冬をじっと耐えた海明けの毛ガニは、脱皮前の身の締まりが良い最高の状態の毛ガニなのです。手に取って触ってみて、甲羅が硬いカニを選ぶようにしましょう。

紋別で極上の海明け毛ガニを味わいたい! 紋別で極上の海明け毛ガニを味わいたい!

紋別市に拠点をおく水産加工会社「マルカイチ水産」では、工場の隣に直売店を構え、四季折々のオホーツク海の新鮮な海の幸を販売しています。もちろん、海明けの時期には極上の海明け毛ガニが店頭に並びます。直売店の2階には「海鮮炉端焼き」という食事処もあり、直売店で買ったものを2階に持って行き、そのままいただいたり、炉端焼きにして楽しむこともできます。その他「かにめし」や「海鮮丼」など、お食事メニューも充実!この時期にしか味わえない極上の毛ガニや紋別の海の幸を、ぜひご堪能ください。

店舗情報 店舗情報

マルカイチ水産

住所

〒094-0012
北海道紋別市新港町2丁目11番地7

アクセス

オホーツク紋別空港より車10分
紋別バスターミナルより車10分

営業時間

■直営店:8:00~17:00
■海鮮炉端焼き:10:00~16:00

電話番号

フリーダイヤル:0120-557-847
TEL:0158-24-1234

公式サイト

http://www.marukaichi.co.jp/

PAGE TOP