ガリンコ号で感動の流氷体験を! ガリンコ号で感動の流氷体験を!

ガリンコ号で感動の流氷体験を! ガリンコ号で感動の流氷体験を!

ガリガリと流氷を砕きながら豪快に進む「ガリンコ号Ⅱ」は、2018年冬も1月10日から3月31日まで運航し、約1時間、船首にある2本のアルキメディアンスクリューが固い流氷を砕きながらオホーツク海を進みます。海上ではアザラシのほか、天然記念物に指定されているオオワシやオジロワシなどの野生生物に出会うチャンスも!この時期は、飛行機からも海を埋め尽くす流氷を見下ろすことができます。今年の冬は、紋別で感動の流氷体験はいかがでしょうか。

流氷イメージ

今回はガリンコ号が誕生するまでの歴史についてご紹介いたします。今では紋別の代名詞とも言えるガリンコ号ですが、もともとは、アラスカ油田開発のための作業基地と支援基地を結ぶ、人員・資材の輸送確保のため、海上および氷上を移動することを目的とした実験船として開発されたことがスタートでした。

ガリンコ号イメージ

その後、実験船としての役目を終えた船を紋別市が借り受け、乗船席を付けるなど改造を行い、1987年に世界初の流氷砕氷観光船として、初代ガリンコ号がデビューしました。

施設イメージ

就航時、定員は32名でしたが、その後2階建てに改造され、70名に増員されました。初代の「ガリンコ号」は、1996年までの10年間運航され、翌年から新たに定員195名の「ガリンコ号Ⅱ」として運航を開始し、現在に至っています。
ちなみに「初代」もガリンコ号乗り場の近くにある、「オホーツクとっかりセンター」の横に展示してあり、気軽に見ることができるんですよ。
その後、「ガリンコ号Ⅱ」が1997年より運航が開始し、現在でも多くのお客様が乗船しています。1~3月は流氷体験、6~10月は釣り体験ができ、ほぼ1年中楽しむことができます。 紋別へお越しいただいた際は、是非ご乗船ください。

イベント情報 イベント情報

観て、遊んで、食べて。一日中楽しめるイベント 「もんべつ流氷まつり」

観て、遊んで、食べて。一日中楽しめるイベント 「もんべつ流氷まつり」

数々の芸術的な氷像が展示され、ショーや体験イベントなどさまざまな企画が目白押し。2018年は2月9日(金)~2月12日(月)の4日間、ガリンコ号ステーション近くのガリヤゾーンで開催されます。

紋別観光協会のサイトへ
オホーツク紋別の昔ながらの手作りに挑戦 出塚水産の工場見学

オホーツク紋別の昔ながらの手作りに挑戦 出塚水産の工場見学

出塚水産の工場見学(オホーツク回廊)では、実際の製造現場を自由にご覧いただけます。揚げたての蒲鉾をほおばりながら、ぜひ紋別の産業をお気軽にご見学ください。

出塚水産のサイトへ
今年も開催!12月上旬 もんべつ海産まつり

今年も開催!12月上旬 もんべつ海産まつり

ホタテ貝柱やカニ、新巻鮭、かまぼこ、飯寿司といった海産物や加工品を市価よりも割安で販売する恒例のイベントが、今年も海洋公園イベント広場で開催されます。

PAGE TOP